財テク

トレンドライン

トレンドラインというのは、FXチャート上で直近の高値・直近の安値を結んだ線のことです。
何本か引かれた線の向きで、その時々の相場のトレンドがわかります。
上向きの線が多ければ上昇トレンド、下向きの銭が多ければ下降トレンドということですね。

そして、トレンドラインを元に売買の判断をするトレードのことを、ライントレードと言います。

トレンドラインと移動平均線はFXで永久に通用する手法と言われています。
複雑なものほどすぐに廃れます。

もう少しトレンドラインとトレンドの関係について見ていきましょう。
トレンドというのは、何らかの要因で転換するまである程度の時間、もしくは期間継続する傾向があります。
これがダウ理論です。
直近の高値を更新すればそのトレンドは継続しているとみることができますので、ここで買いを入れる順張りは、決済さえ欲張らなければ勝つ確率はかなり高いものになります。

この買いどころをよりいっそうわかりやすくしてくれるのがトレンドラインhttp://www.scottishritemasons-can.org/tannki.htmlです。
直近の高値2つを結んだ斜め上に向かうトレンドラインをこえればラインブレーク、一気に上昇トレンドが形成される可能性はかなり高くなります。
このとき、トレンドラインは値上がりを押さえつける働きをすることから抵抗線=レジスタンスラインと呼ばれます。

反対に値動きがトレンドラインより上で起こっていた場合、このラインを下抜ければ値下がりが続くと予想されます。
逆に言えば、このラインが右肩上がりだった場合は、このラインに沿って値段が上がっていくことが予想されます。
値上がりを支えるラインになっているので、サポートラインと呼ばれます。

トレンドラインを自分でひけるようになれば、トレーダーとして上級者の仲間入りです。
とは言っても効果的なトレンドラインをひくのはなかなか難しいです。
一番多いのは、たくさん引きすぎてどれがどれだかわからなくなってしまうパターンですね。

MT4のインジケーターには、有志が作った自動的にトレンドラインをひいてくれるインジケーターがあります。
プロがひいた線に比べると精度は落ちますが、トレードの目安にはなりますので、使ってみると良いでしょう。
FXで利益を出す方法はこちらhttp://www.gammonempire.jp/Profits.html