財テク

成行注文とは

FXでは売りと買い、2種類の注文があります。
為替の変動に応じて、この2種類を使い分け、売りで入って為替が下がれば、または買いで入って為替が上がればその分が利益になります。

この売りと買いの注文にはいくつか方法があります。
その中で一番簡単なのが成り行き注文。
その時の為替価格で注文を入れる方法です。
MT4でも専用ソフトでも、ボタン一発でできることがほとんどです。

成り行き注文はデイトレやスキャルピングなど、比較的短い間隔でのトレードに使われることが多いのが特徴です。

さて、成り行き注文の場合、特に海外口座を使っているとたまにお目にかかるのが約定拒否。
サーバが込んでいる、その時に注文を出している人が多くてさばききれていない時などに起こる現象です。
これを回避するために、スプレッドを少し広く取っている業者があったり、ユーザーの設定でいくらくらい指定とずれても約定するようにするといったことが指定できるようになっています。

長い時間足でのトレードでは利益も大きいのでまだ許せるのですが、スキャルピングなど利益が小さく、一瞬の判断でプラスマイナスが変わってくる取引の場合は死活問題。
また注文が通らないのは百歩譲ってまだ許せますが、決済が通らないというのは最悪です。

成り行き注文の通りやすさのことを「約定力」といいます。
また、注文に対してどれくらい約定するのかの割合を「約定率」と言います。
約定力・約定率の高い業者を選ぶのは、FXを始める際の基本中の基本http://xn--fx-fk1eu00k.tk/
になるわけです。

また、約定自体はするけれど想定していた価格より有利な価格、もしくは不利な価格で約定してしまうこともよくあることです。
為替は絶えず変動しているので、約定するまでに時間がかかるとその間に動いた分、ずれてしまうのです。
これもFX業者のシステムの力などでずれることが多く、特に海外のFX業者でシステム環境が脆弱だと、数秒かかってしまうことがあります。
こんなところでスキャルピングをやるのは、お金をどぶに捨てるのと同じです。

約定力・約定率・約定スピードにこだわったFX業者を選ぶようにしましょうね。

↓FXのメリット・デメリット