財テク

IFDとは

IFDとは、FXなどインターネットでのトレードの注文方法の一つで、If Doneの頭文字からつけられています。
簡単にいうと、もし最初に指定した取引が成立したら、次に設定した取引が発動するという仕組みになっています。
これがあると、前もって利益確定や損切りを決めることができるため、ポジションを持ったらあとはパソコンの前から離れていても、勝手に取引を終えてくれるので、時間を有効に使うことができます。
また、ずっと見ているとつい損切りが遅れてしまったり、利益が出ると欲が出て決済チャンスを逃してしまうことがありますがそれを避けるのにも有効です。

具体的な例を見てみましょう。

まずロスカット値を設定するケース。
アップトレンドの流れが起こりそうな相場を予想して、もう少し上がるのであればその勢いが続くのではないかと予想したとします。
そこで現在1ドルが90円なので、90円50銭で買い注文を入れたいと思ったとします。
ただ、普段なかなか時間が取れないのでトレードの予約を入れることにしました。
FXのロスカットについてはこちら。

ここで使うのがIFD注文です。
1ドル90.50円になったら買い注文を入れて、その注文が約定したら今度は1ドル89.50円で損切りと設定します。
これがIFD注文。
数日後、為替が上がれば買い注文が入り、キャンセル等しないかぎりは設定した額で損切りをしてくれます。
それを自動でやってくれるというのですから、うまく使えば一日中深夜にパソコンをつけっぱなしにすることがなくなるかもしれませんね。

IFDはほとんどすべてのブローカーで用意されているので、うまく使えば時間を節約できるため、本業を持っている二足のわらじの兼業トレーダーには欠かせないツールです。

ただ、一つ注意しなければいけないことがあります。
それは、誤注文。

IFDの場合、一度注文を入れてしまうと、何もしなくてもその通りにやってくれるため、つい油断が生まれがちです。
売りと買いを間違えて逆に入れてしまってもなんの指摘もせずに注文を失効されてしまうので、気づかないうちに大きな損失を招いてしまう危険性があります。
FXで虎の子の資産http://www.fontvillage.com/をみすみす減らすことがないよう、繰り返しチェックをして間違いのないトレードをするようにしましょう。